沿革 Corporate history

FAX・MFPのような量産コンシューマー用途から産業用多品種少量用途へと方針を変え、一過性の量産ではなく、少量でも長く続く機種を多く作れるように構造改革にチャレンジしてきました。

1985年世界初のC-MOS型CIS(コンタクトイメージセンサー)が誕生
1990年プラスチックレンズ搭載のCIS-Cシリーズを開発
1995年10月日系企業の合資により、中国山東省威海市に会社を設立(SHEC)FAX用CIS開発・量産
2003年11月CIS部門がSHECから独立し、有限会社WHECを設立
カードリーダー用CIS開発・量産
2007年3月ATM・ロッタリー用CIS開発・量産
2007年4月レーザーMFP用CIS開発・量産
2007年10月医療検査用・小切手用CIS開発・量産
2008年1月日本兵庫県尼崎市にて日本研究開発センターを設立
2008年3月紙幣リーダー用CIS開発・量産
2012年3月株式会社に体制変更
2014年5月磁気センサーと紙厚センサーの開発着手
2015年6月本社新工場建設着手
2015年8月兵庫県尼崎市より宝塚市に研究開発センター移転
2016年9月2016年9月 本社ビルを竣工し、本社を移転