CONTACT US

MENU

TOP
会社情報
会社概要 沿革 理念・方針 社長メッセージ 会社紹介映像 営業カレンダー 植物工場 組織図紹介
製品一覧
製品ラインナップ

代表シリーズ

金融機器用 ロッタリー・ゲーム類機器用 産業類機器用 その他機器用

CIS

Nシリーズ PDシリーズ Pシリーズ Aシリーズ ULM5シリーズ

DIS

関連製品

MIS

関連製品

その他

ホログラム
技術情報
CISとは DISとは MISとは NIST 長尺CISとは ホログラムとは CISとCCDの比較 製品導入事例 用語集
採用情報
お問い合せ
お問い合せフォーム FAQ(よくあるご質問)

沿革

FAX → MFP → 小切手リーダー → 紙幣リーダー → 選挙、ロッタリー用のマークシート読み取り、大型機械、など全体的にそれらの用途が広がり、FAX・MFPのような量産コンシューマー用途から産業用多品種少量用途へと機種販売方針を変え、一過性の量産ではなく少量で長く続く機種を多く作るように会社構造を徐々に変えてきた。結果的には小量が積み重なり安定量産につながっている。

1985年 世界初のC-MOS型CIS(コンタクトイメージセンサー)が誕生
1990年 プラスチックレンズ搭載のCIS-Cシリーズを開発
1995年10月 日系企業の合資により、中国山東省威海市に会社を設立(SHEC)FAX用CIS開発・量産
2003年11月 CIS部門がSHECから独立し、有限会社WHECを設立
カードリーダー用CIS開発・量産
2007年3月 ATM・ロッタリー用CIS開発・量産
2007年4月 レーザーMFP用CIS開発・量産
2007年10月 医療検査用・小切手用CIS開発・量産
2008年1月 日本兵庫県尼崎市にて日本研究開発センターを設立
2008年3月 紙幣リーダー用CIS開発・量産
2012年3月 株式会社に体制変更
2014年5月 磁気センサーと紙厚センサーの開発着手
2015年6月 本社新工場建設着手
2015年8月 兵庫県尼崎市より宝塚市に研究開発センター移転
2016年9月 2016年9月 本社ビルを竣工し、本社を移転
PAGE TOP