CONTACT US

MENU

TOP
会社情報
会社概要 沿革 理念・方針 社長メッセージ 会社紹介映像 営業カレンダー 植物工場 組織図紹介
製品一覧
製品ラインナップ

代表シリーズ

金融機器用 ロッタリー・ゲーム類機器用 産業類機器用 その他機器用

CIS

Nシリーズ PDシリーズ Pシリーズ Aシリーズ ULM5シリーズ

DIS

関連製品

MIS

関連製品

その他

ホログラム
技術情報
CISとは DISとは MISとは NIST 長尺CISとは ホログラムとは CISとCCDの比較 製品導入事例 用語集
採用情報
お問い合せ
お問い合せフォーム FAQ(よくあるご質問)

長尺CIS 技術解説映像

長尺の画像読取りの用途に開発された長尺CIS
(297mm/A3サイズ)は、
従来主流だった縮小CCDカメラの欠点を
克服した新しいデバイスです。

長尺CISと縮小CCDカメラとの比較

縮小CCDカメラの欠点

縮小CCDカメラ

縮小CCDカメラは、対象物からの反射光をレンズで集め、その光を撮像素子であるCCDが受けて電気信号に変換するデバイスです。

レンズを使うので焦点深度が深く凹凸のある対象物でも鮮明に読み取れるという利点がありますが、その一方でレンズに伴う特有の欠点があります。

  • 縮小CCDカメラ

    対象物とレンズの間に光路の距離が必要であるため、CCDユニットは小型化の限界があります。

  • 縮小CCDカメラ

    レンズの周辺ボケが避けられません。

  • 縮小CCDカメラ
  • 縮小CCDカメラ

    視野の重なり部分の継ぎ目処理が必要です。

縮小CCDカメラの欠点

長尺CIS 長尺CIS

長尺CISは対象物からの反射光を等倍レンズで集光。 撮像素子のCMOSで電気信号に変換する構造です。

  • 長尺CIS
  • 長尺CIS

光路を短縮できるので小型化でき、縮小レンズを使わないので歪みがありません。
視野の重なりがないので継ぎ目処理が不要です。

長尺CIS 長尺CIS 長尺CIS

長尺CISは、A3サイズのCISを1ユニットとし、複数ユニットで構成しています。 A3から約2mまでの幅広いサイズに対応できます。

PAGE TOP